So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

セスキ炭酸ソーダは危険?誤飲した場合の対処法も [セスキ炭酸ソーダの知識]

掃除に洗濯にととても便利なセスキ炭酸ソーダですが、
一部の人の間で「セスキは危険」と言われているそうです。
セスキは人体に何も影響がない、とは言えませんが
使い方さえ間違えなければ危険なことはありません。

そこで今回は、セスキ炭酸ソーダの
危険性、誤飲時の対処法についてまとめてみます。


スポンサードリンク





セスキ炭酸ソーダの危険性



セスキ炭酸ソーダの危険性を
より詳しく理解するために
もう一度、セスキ炭酸ソーダとは何か、
を簡単にまとめておきますね。


セスキ炭酸ソーダは、

・炭酸ソーダと重曹がほぼ半分ずつの割合で混ざったもの
・油脂を乳化し、タンパク質を分解する働きがある

と言えます。


セスキ炭酸ソーダを危険だと考える人たちは
セスキ炭酸ソーダの便利な点でもある、
たんぱく質を分解する働きが危ないと考えているようです。

確かに、セスキ炭酸ソーダが
人体に影響を及ぼす事があるとしたら、
皮膚などのたんぱく質への悪影響ぐらいです。


という訳で、セスキ炭酸ソーダの
取り扱いに注意すべき点は以下の通り。

・手で直接触ると手荒れの原因となるため
ゴム手袋をした方が良い

・皮膚について表面がヌルヌルしたら、
水でじゅうぶんに洗い流す。
それでも違和感がある場合は
酢やクエン酸を少しふりかけて中和し、
それから再度よく水洗いする。

・目や口に入らないように注意する。
万が一入ってしまった場合は
清潔な水で充分にすすぎ流す。
傷みや違和感が残る場合は医療機関に相談する。


人体はタンパク質でできていますから、
皮膚などに触れると溶けてしまいますよ、
という事です。

溶ける、なんて書くとものすごく危険なイメージに
なってしまいそうですが、
掃除や洗濯に普通に使っている程度ならば
ほとんど問題はありません。

何回も触ったり、長時間触れたり、
もともと肌の弱い人は
ゴム手袋をする事をおすすめしますが、

私はつけおきした衣類をもみ洗いしたり
しぼったりする程度なら素手でやって、
その後すぐに水洗いすれば全く問題ありません。


スポンサードリンク





セスキ炭酸ソーダを誤飲してしまったら



では次に、セスキ炭酸ソーダを
誤飲してしまった場合は
どう対処すればいいのでしょうか。
(※誤飲=間違って飲み込むこと)


【少量の場合】

少量を誤飲した場合は、それほど心配はありません。

セスキ炭酸ソーダは重曹と炭酸ソーダの化合物ですから
アルカリ性のこれrは胃酸によって中和されるからです。

セスキ炭酸ソーダ水を一口飲んだ程度なら
よく水で口をすすいで、
念のため生卵かコップ一杯の牛乳を飲みます。

その後しばらく様子を見て、
1時間以内に嘔吐がなければ
中毒の可能性は低いです。

※嘔吐や下痢などの症状が出たり、
いつもと体調が違う、などの場合は
誤飲した量が少なくてもすぐに医療機関を受診しましょう


【大量に誤飲した場合】

まず水で口をすすぎ、
生卵かコップ1~2杯の牛乳を飲みます。
(どちらもなければ水を飲む)

吐いたものや泡が器官に入ると危険なため、
無理に吐かないように。

横になって休む時は吐いたものが
気道をふさがないよう、
体の左側を下にして寝ます。

1時間以内に嘔吐や下痢などの症状が出たり、
いつもと体調が違う、などの場合は
誤飲した量が少なくてもすぐに医療機関を受診しましょう。

※判断に困る場合は、医療機関を受診する方が良い



いかがでしょうか?

たんぱく質を溶かす、とか
誤飲などの怖い話ばかりになってしまいましたが
セスキ炭酸ソーダは使い方をきちんと守れば
危険はほとんどありません。

是非、正しい知識を身につけて
生活に役立ててくださいね^^


以上、「セスキ炭酸ソーダは危険?誤飲した場合の対処法も」
でした!


スポンサードリンク





共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。